1. ホーム
  2. 学校紹介
  3. 校風と沿革

校風と沿革

人類の未来の貢献する人間の育成

高邁な理想に向かって、自ら考え行動できる優れた知性を育成し、情操豊かな品格ある徳性を陶冶します。また、平和な国家・郷土の形成者として、たくましい体力・気力を養成します。

最高の教育環境

風格ある校舎、学習室とギャラリーを備えた百年記念館、食堂と宿泊研修施設を備えるセミナーハウス北辰会館。のびのびと活動できる広いグラウンドと体育館。その周囲を樹齢100年を超える杉木立「太郎丸の社」がとりまき、知徳体を育む最高の教育環境が用意されています。

生徒の可能性を開花させる指導

予習を重視した授業が行われ、的確な学習指導が生徒の可能性を最大限に引き出します。きめ細やかな進路指導を通して、ほぼ全員が希望する大学に進学しています。

富山高校のあゆみ

1885(明治18)年
富山県中学校として発足(富山市総曲輪)
1900(明治33)年
現在地に校舎を移転
1901(明治34)年
富山県立富山中学校と改称
1948(昭和23)年
富山県立富山高等学校(4月) 富山県立富山南部高等学校(9月)となる
1953(昭和28)年
富山県立富山高等学校と改称 校章、校歌、校旗、制服を制定。
1968(昭和43)年
理数科設置
1972(昭和47)年
現在の校舎完成
1985(昭和60)年
百周年記念館完成
1986(昭和61)年
中国遼寧省海城市高級中学校と友好交流始まる
1997(平成 9)年
セミナーハウス北辰会館完成
1999(平成11)年
第一体育館全面改修
2002(平成14)年
文部科学省より教育研究開発「スーパーサイエンスハイスクール」の指定を受ける
2005(平成17)年
創校120周年
2008(平成20)年
管理棟・普通教室棟耐震補強工事完了
2009(平成21)年
第一体育館耐震補強工事完了
2011(平成23)年
理数科学科・人文社会科学科設置

富山県立富山高等学校

〒939-8076
富山市太郎丸1番地
TEL 076-421-2925
FAX 076-491-6277

アクセス