ごあいさつ

富山県立富山高等学校 校 長 

本県高校教育のパイオニアとして

 本校は、明治18年(1885年)に、富山県で初めて中等教育を担った学校です。創立当初は、英語で英語を教えることはもとより、数学や世界史、世界地理までも英語で学習する先進的な学校でした。また、県内に手本はなく、文字通り本県のパイオニアとして、教育の原点を見つめながら歩んできました。

 130年の長い歴史は、一年一年が、生徒に誠実に向き合い、課題解決のため新しい取り組みを積み重ねた年月と言えます。

 この間、富山県中学校から富山中学校、終戦を経て(新制)富山高等学校となり、占領政策から富山南部高等学校に改称、そして、昭和28年に生徒・同窓生らの念願の「富山高等学校」に復しました。

 戦後、男女同権の見地からいちはやく男女混合名簿を採用するなど、本校の特徴は、教育の先進性にあります。全国初となる理数科の設置本県初のSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)実施、高校1・2年生が世界の高校生と交流するアメリカ研修の実施など、常に最先端の教育活動に取り組み、成果をあげてきました。

 時代は移り変わっても、創校の志「学びたきもの集う」とパイオニア精神は今も健在です。

 

文武両道、学習と諸活動に取り組み人間的な成長を

 学習とともに、体育大会、文化活動発表会などの学校行事や部活動で、生徒は充実した活動を行っています。部活動加入率は九割を超え、体育系14部、文化系14部など多彩な部活動が活発に行われています。

 学習と諸活動の両方で、充実した高校生生活を送ることで、人生の宝である友情をはぐくみ、人間的な成長を図っています。

 

創校130周年を期にいっそうの飛躍をめざす

 本校は、平成27年度に創校130周年を迎えました。先人の業績や生き方を新しい世代に引き継ぐことをテーマに記念事業を行うとともに、時代に対応したよりよい学校づくりのための中期的な目標である記念ビジョンを作成し、取り組みを進めています。

 今後とも、生徒諸君や保護者の皆さま、本校に関わる皆さんのご理解、ご協力を得て、職員全員が参加して、よりよい学校づくりに取り組んでいきたいと考えます。

 

 

 

富山高校物語 目次

Ⅰ 「学びの場を我らに!」 若者の願いに、県知事が応えて創校
Ⅱ 先輩の贈り物「太郎丸の杜」が守る、緑美しい校地
Ⅲ 苦難を乗り越え、真価を発揮
 ~災害の翌々日から授業再開、思いに応えた生徒たち~

Ⅳ 北陸随一の赤松の庭園を保ち、奇跡の赤松を再生
Ⅴ 全国の高校をリードする充実した施設群
Ⅵ 探究し、学び合い、高い成果をあげる
Ⅶ 信念をもって生きた先人に学ぶ
Ⅷ 生涯の心と感性を育てる 伝統ある校訓・校歌・百周年記念歌
Ⅸ 生徒・同窓生と教員の深い絆を表す銅像
Ⅹ 君の物語は、ここから始まる 

 

 

 
 
名称未設定
    前庭から校舎本館
    
 
名称未設定2
  アメリカ研修 語学クラス
 
                             
 
                                
 
 
 
 
 
 
 
 

 

富山県立富山高等学校

〒939-8076
富山市太郎丸1番地
TEL 076-421-2925
FAX 076-491-6277

アクセス